【これで7cmアップ?!】背を高く見せる4つのこと

con_udekumu8615092102_tp_v

男性にとって身長が低いのは悩みのたねですよね?女性はヒールを履くので、身長が高くなります。その結果、女性が男性の身長を追い抜かしてしまうこともあります。女性より身長が低いことに対して劣等感を抱く男性は少なくはありません。

そのため、女性に「ヒールは履かない方がいいかな…。」なんて変な気を使わせてしまうことになるかもしれません。しかし、ちょっとした工夫で7cm高く見せることも簡単にできてしまいます。今日はその4つの方法についてご紹介していきます。

日々の生活から背を高く見せる方法2選

実は背が高いのにあまりそう見えない人っていますよね?どうしてだと思いますか?その理由の一つに、普段何気なく送っている生活スタイルが大きく関係しているかもしれません。

少し意識するだけでも変わってくると思います。そこで注意すべき点とその改善方法についてご紹介します。

1.背筋ピン!正しい姿勢で座るiql2cxsj053vac8f604tvk7o

猫背だとせっかくの着こなしも台無しになってしまいます。弱弱しく、自信なさげな印象を与えかねませんよね?しかしなかなか自分ではわからないかもしれません。ピンと背筋を伸ばして、正しい姿勢を保ちましょう。意識して生活するだけでも見た目の印象が【2cm~3cm】変わってくると思います。椅子に座ってできるエクササイズがあるので、ご自宅や会社でも活用してみてください。

椅子の背もたれを使ったエクササイズのやり方

①姿勢を良くして座り、背もたれに両手をかけます。
②手首からヒジの間のポイントで、上半身がまっすぐ立つ部分を探してください。
③上半身を起こして胸を軽く反らすようなイメージで開き、ストレッチをします。20~40秒を目安に行いましょう。その際、腰は反らさずに肩甲骨を少し寄せるようなイメージで行いましょう。

 

2.O脚改善ストレッチをする194b304928c3f5751ebe941208eee67b_l

O脚の人は、O脚を改善しましょう!ひどくなるとねんざ等を起こしやすくなり、悪化すると変形性ヒザ関節症にもなりかねません。O脚は外側へ骨が歪んでいる状態ですので、治すだけでも【1~3cm】変わってくるでしょう。

まずはO脚かどうかのチェックからしてみましょう。簡単にできますので確認してみてください。もしO脚だった場合は1日少しでできるストレッチをやってみてください。

O脚チェック

①1度両足を肩幅くらいに開き、そのあと徐々に両足を近づけていきます。
②先に内くるぶしが付く人がO脚になります。(くるぶしどうしが付いてもヒザの間に隙間が空いている状態)

 

ぺたんこ座りストレッチのやり方380x221ximg_4315-jpg-pagespeed-ic-ynkzjlqivr

①ヒザ立ちの状態からつま先を外に向けて開き、手をヒザの下の骨に置きます。
②このまま手で床方向に力を加えながら、膝を曲げずにお尻を下げます。
③その状態で10秒間キープ。これを1日5回程度行います。

寝転び足組みストレッチのやり方img_4317

①床に仰向けになり両膝を立てリラックスします。
②深く足を組み、もう一方の足の下に引っ掛け、この状態を10秒間維持します。
③反対側も同じ手順で行います。

 

内もも締めエクササイズのやり方img_4319

①横向きに寝て両膝の間にタオルを挟んでください。
②両膝をタオルに近づけるようにして力を入れます。
③そのまま下の脚を持ち上げ、床から離します。キープする時間は5秒間です。
④反対側も同じ手順で行い、これを1日5~10回行います。慣れてくれば20~30回行います。

 

靴で簡単に背を高く見せる2つの秘訣

あなたは背を高く見せると聞いて何が思いつきますか?真っ先に思いつくのは靴ではないでしょうか?履くだけで背を数cm高く見せてしまうことができ、ガラッと印象を変えることができます。

背が高くなった分、ファッションにも幅がでて、オシャレを楽しめますね。ここでは、スラッとかっこよく見せるアイテムをご紹介します。

1.トールシューズで最大12cmアップ?!ji-shm110224-9

背を高く見せるための靴でシークレットシューズとも言われます。靴にもよりますが、履くだけで【5cm~12cm】ほど背を高く見せることができます。カジュアル~ビジネスシーンまで種類が豊富にあるので、シーンに合わせて使い分けることができます。

2.シークレットインソールで普段より5cmアップ?!13934_07

もし、今お使いの靴で背を高く見せたい場合はシークレットインソールを活用してみてはいかがでしょうか?普段履いている靴にいれるだけで、【2cm~5cm】ほど背を高く見せることができます。お気に入りのブーツに入れてみてはいかがでしょうか?

 

服装・ファッション・コーデで背を高く見せる6つのコツ

身長を変えることはできませんが、ファッションの着こなし次第で背を高く見せることができます。全身にIラインを取り入れた着こなしをすることで足長効果や身長を高く見せる効果があり【2cm~3cm】アップが期待できます。

上から下まで、全体のバランスを考えた上手なコーディネートを心がけましょう。かっこよく見えると、いろんなファッションでオシャレを楽しみたくなってくると思いますよ。

1.ジャストサイズの服で体のラインを出す5a9a1608fc7d8383c365c4601e2f6cf1

ゆったりした大き目のサイズの方が動きやすいかもしれませんが、かえって小さく見えてしまいます。丈は短めで体のラインがはっきり見えるジャストサイズの服を選びましょう。

自分の体に合ったサイズの服を着ることで、きれいでオシャレな印象も与えることができます。

2. 縦長効果のあるアイテムでスリムにgwp3453_05

ストライプ柄やVネックのアイテムといった縦長効果のあるアイテムは背を高く、そしてスリムに見せる効果があります。ストライプ柄は縦じまのラインが入っているので、錯覚で細くクールに見せることができます。

ストライプの幅は細いものがおすすめです。VネックはUネックよりもデコルテが見えていることで首元がすっきりとした大人なイメージを演出できます。積極的に取り入れてみましょう。

3.寒色系の服で引き締め効果をt-shirt-19-c

赤・白・黄・オレンジ・ピンクなどの明るい色は膨張色と言われています。などの寒色系の服を取り入れることで引き締まったシルエットに見せることができます。

黒のVネックTシャツは合わせやすく、1枚は持っておきたいアイテムですよね。

4.細身のボトムスですっきり3023_1_expand

丈が短めの服やスキニーなど細身のズボンを身につけることで、すっきりとした印象になります。ボトムスには濃い目の色がおすすめです。寒色系の青・黒・茶色などで組み合わせてみましょう。スッキリした足元のシルエットは足長効果が期待できます。

5.小さめのアクセサリーで体を大きく見せるfs1

アクセサリーなどのアイテム選びはアクセントをつける意味で重要ですよね。オシャレに幅が出てきます。選ぶ際は小さめのアクセサリーを選びましょう。

小さめのアクセサリーをつけることで目の錯覚を利用し、体を大きく見せることができるので、チャームの大きさ、チェーンの長さなどに注意しましょう。

6.帽子をかぶって視線をずらすlgf01a201308261700

帽子をかぶると、視線を上へとずらすことができるので、背が低いのが気にならなくなります。帽子を選ぶときの色は、明るい色にするのがおすすめです。

全体的に服の色が暗い時は差し色で明るい色にすることで、全体の印象を重たくなりすぎないように見せることができます。

髪型で背を高く見せる方法

普段、会社に行く前や出かける前にはセットしていかれることが多いですよね?髪が短いのをさわやかに感じたり、長いのをアンニュイに思ったりなど髪型もまた印象を決める上で大きな要因になってくるかと思います。

ショート・ミディアム・ロングといった髪の長さやそれに合った様々な髪型がありますが、背を高く見せる上でいったいどのようなスタイルが理想的なのでしょうか?背を高く見せる髪型をご紹介します。

トップにボリュームをもたせることで、身長を高く見せる23-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-thumb-autox1067-2356

髪をワックスなどで立て、髪のトップにボリュームをもたせることで身長を【2~3cm】ほど高く見せることができます。長すぎるとトップがまとまりにくく崩れがちになるので、ショートスタイルがおすすめです。

トップは残しつつ全体を短くまとめたショートスタイルにすることで、背を高く見せる効果と清潔感を与えることができます。髪を立たせた後は、崩れないようにハードスプレーでキープしましょう。

背を高く見せる4つの方法:まとめ

【これで7cmアップ?!】背を高く見せる4つのことをまとめてみましたが、いかがでしたか?背が低くても合わせ方次第で、背を高く見せることは可能です。背が低いことをネガティブにとらえるのではなく、受け止めたうえで、あなたに合ったコーディネートをしてみてはいかがでしょうか?

あなたの身体の魅力を最大限に活かしたオシャレを楽しんでみてください。コーディネートひとつでまた違った世界が見えてくると思います。ぜひ今回ご紹介した方法を参考にしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です